追伸
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こうしたらこうなる」
という定義付け、条件付けから自由になろう

「どうにでもなる」のがこの世なんだ

私たちが想像したり期待した以上に
面白いことが起きてくるのがこの世なんだ


でも
「期待を手放す」という言葉のトラップにかからないようご注意を


それは
「冷めた目で見る」とかそういうんじゃないんだ


たとえばそうだな……

「物欲から自由になれば目覚めるのかも(という期待)」

「この時計、欲しいけど物欲を手放そう」

「これで目覚めに近づいた?(という期待)」

「まだダメ?それは時計を欲しいとか思ったから?」

「坐禅に通ってみよう。物欲捨てられるかも(という期待)」

「これだけ厳しく指導受けて坐禅したから欲も減るに違いない(という期待)」

延々と続く……


このトラップに入り込みやすいんだよね……

この強烈な幻想の足かせ

ここから自由になることがコツなんだ

いいんだよ
欲しがったって

「これを買ったら幸せになれる(という期待)」
とかのループにはまらなければね

うーーん
伝わったかな?

まあ
またそのうち書くと思う

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。