追伸
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生を好きなようにデザインしていくためには
「自分」を投影している「この世」のシステムを体感的に理解する必要があるんだ

この
つねに振動している世界を……


たとえばムカデが手のひらに乗っている様子を想像してみて……


どうかな?

どんな感じ?


わたしなら、
1)「後頭部と背中の上の方が冷たくなって、キューッと力が入って、胸の辺りがムカムカとする感じ」
がするな



じゃあ次に
手のひらにヒヨコが乗っている様子を想像してみて


どうかな?

どんな感じ?


わたしなら
2)「口の噛み合わせの力が緩んで首の辺りが温かくなる感じ」
がするよ



どう?
できたかい?


この1)とか2)のような「感覚」こそ
「わたし」という受信機がキャッチした、ムカデやヒヨコの発する振動なんだ


こうやって
「この世」にあるものすべての振動は、「自分」という受信機を使って「感覚」という言葉に「翻訳」することができるんだよ


もちろんあやちゃんとわたしという受信機は、それぞれに違う作りになっているから、振動もそれぞれに違うふうにキャッチすることになるだろうね

それは「わたしの宇宙」と「あやちゃんの宇宙」は違う次元にあるからなんだよ

誤解しないようにつけくわえるけれど、それは次元が高いとか低いとか、という話しではないよ

つまり「わたしが体験している宇宙」と「あやちゃんが体験している宇宙」と「あの人が体験している宇宙」はまったく違うものだ、ということ


おっと
話しが広がり過ぎたな


この辺のことはまた今度にしよう


話しは戻して
しばらくの間、この「翻訳」する作業を練習してみると良いよ

あやちゃんの宇宙が、どんな振動で「ある」のかを調べてみよう


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。