追伸
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は少し
あなたへのヒントを書いてみたいと思う

先のブログにも書いていた通り
肉体も精神も魂もそれぞれに等しく神聖であり
どれか一つを磨けば良いのではない、ということ
そして肉体と魂は車の両輪のようなもの、

ということを思い出してほしいんだ

どこまでとっても
基本の「キ」は「自己信頼」にあるのであり
自分の内側から溢れてくる言葉こそが真実の答えなんだ

だからもしあやちゃんが今の自分の状態に
空しさや、バカバカしさを感じているのだとしたら
それは方向性が違うのだ、と魂が伝えて来ているのだと自らを信頼してみよう


あやちゃんが菜食主義者を目指そうと思った理由は何だったのだろうか?

もし、「精神成長のため」であるとしたら
答えは○でもなく×でもなく△くらいかな

菜食主義になることで、ある程度のところまでは
荒々しい波動を穏やかにチューニングすることはできる

でも、あるところまでくるとその成長は止まってくると思うよ

それは、肉体の方にばかりフォーカスをして魂の成長を置き去りにしているからなんだ。

思い出して
「肉体と魂は車の両輪である」ということを。
片輪ばかりをころがしても、先に進むことはできないんだ。

もし今、成長のスランプを感じているというのなら、日常に瞑想の時間を加えるといいかもしれないね。
完全なるリラックスの状態で、自らの深部と会話をするんだ。

両輪を動かすんだよ。
両輪を。

それでも、食を気遣うことはとても役立つことだよ。

それは、肉体が何を欲しているのか、何を食すとどのようなバイブレーションになるのかを、繊細に観察するための指針になるからね。

ただ、「精神の成長のため」という期待は手放そう。
そこには制約が生じて、魂の自由を奪うからだよ。

「ただただ自らが欲するから」
このような思いで続けるのなら、苦しくなることはないはずなんだ。

理由はいらない
ただただ自らの魂に従うだけ。

そこが自己信頼への旅に必要なマップなんだよ。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。