追伸
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純粋なる衝動に従うなら

私は自らの中にある男性性との融合に向かっている。


女性性の発動を訴える流れが
世間では目につくけれど

私の「内側」はYESと言っていないんだ。


女性性は男性性をもってしてバランスが保たれる。


しかし、
人はどちらか一方に偏りたるものではなく

完全に自立した何かになっていく、
という予感が私にはあるんだ。


「ミッシングピース」を求める旅はもう終わる。


人間は、ある意味一元的な性を手に入れるのではないだろうか。


予感。

ただ予感と純粋なる衝動のままに
私は「私」に還っていく。



宇宙は音楽を奏でている


惑星は歌っている


人も自らを響かせている




ただただハーモニックであれば良い




不協和音に引きずられる必要なんて
どこにもないんだ





いたしかたなし


行かせてやるんだ


これまでのシステムが
どうしても手放せない人もいるのだ



もう流れは止められない


すでに支流は越えてしまったのだから
キミはキミの行く方向を
まっすぐに見つめるんだ


「あちら」の支流に乗った人たちは
それはそれで「流れ」



あるべきように在る



そうなっていくのだから

この世界は、なんて深い暗示の中に
閉じ込められているのだろう!!!!



「そうかもしれない」


そう思ったなら



目を開いているんだ
どの瞬間も!!!


どの瞬間もだよ!!!!



トイレに入っている時も
財布の中のレシートを処分している時も
変なお菓子を食べて胸やけしている時も
携帯電話に充電コードを繋げている時も



目を覚ましているんだ!!




大樹に抱かれている時や
燃えるような夕焼け空に見とれている時だけが
宇宙と繋がっているわけではないんだよ


ほら


もう目覚まし時計が鳴っているじゃないか



もう
「いよいよ」だよ



「いよいよ」なんだ

すごいな……


これはまるで宇宙の細胞分裂だ




「分離するワンネス」とは
こういうことなんだ



今まさに
核分裂の真ただなかに私たちはいる




何をどう覚悟を決めたのかで


「あちら側」と「こちら側」に
分裂していく



それはまるで双子のように似ているけれど
明らかに別物だ


さて
マイユニバースは

どちら側だったろうか



楽しみだな

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。